人とは違う選択をする

From 社長より

shacho

 

世の中には「悩んだらやってみよう!」と考える人と
「悩んだらやめておこう」と考えるがいます。

先日、別会社の部長会議で
「悩むくらいならSTOP」という意見が出ていました。

つまり「強烈にやりたい、と思わないレベルではないと
成功まで突き抜けることが出来ない」

ということだと僕は理解しました。
最初は、なるほどな~と手帳にメモしましたが、

最近の僕の悪い癖はこれです。

「なるほどな~」と思い、自らその意味や本質を咀嚼し、
自分なりに落とし込むということをしなくなっているのです。

僕は20代の大半を海外で過ごしましたが
その時は、常に異文化の中にいたので1つ1つの事柄を
考えることが習慣化してきました。

しかし今では・・・
なるほど!という気づきがありながらも
自分で考えず、従ったり、受け入れている方が楽なので
考えずに、行動することが増えてきました。

そして少し考えた結果・・・

やっぱり自分は「迷ったらやめておこう」
と考えるよりも「迷ったらやってみてから考える」
という方が自分らしいと思い直しました。

多くの人は、こういった場合
お金がもったいない、
時間がもったいない、
手間が持ったない、というリスクを見る人が多く、
結果的に「やらない選択」をするので

人と同じ選択をしていては人と同じ成果しか
得られないので、そこは逆をいこうと思います。

僕はその選択でエキサイティングな
人生を送ってきたので、その判断はあながち
間違っていないような気がするからです。

「悩んだらやめておこう」人生にすると、
必要最低限の家と食事と仕事と遊びを
選ぶことにつながるからです。

例えば家族と「旅行に行きたいな」と思っても、
仕事の休みや、貯金が減ることを考えたりして、
結局旅行に行かない人生になるのです。

「この服買いたいな」とか「美味しいもの食べたいな」とか
「もっとテニスしたいな」と思った場合も同様で、
とにかく悩んだ結果、やめてしまうのです。

というわけで、人生を振り帰ってみて
「悩んだらやめておこう」と考えて、
あまり行動を控えめにして生きてきた場合には、
ぜひ「悩んだらやってみよう!」と考えることもいいと思います。

そんな気付きをもらった部長会議に感謝です。

 

sale0830-2h_yt

ABCスポーツ【ゴルフ事業スタート】

cropped-banner-top-japan-2
プロトタイプLDシャフト-ABCスポーツGOLF
http://www.abc-sports.co.jp/item/prototypeld-mb01